• TOP
  • 白内障の進行と治療

白内障の進行と治療

白内障のすすみかた

白内障は以下のように初発白内障から未熟白内障、成熟白内障へとすすみます。

○初発白内障

初発白内障

日常生活に不自由はありませんが、獣医さんによる眼科検査で、初期の異常を発見できます。

↓

↓

○未熟白内障

未熟白内障

視覚はありますが、暗いところで動きが鈍くなり、黒目(瞳孔)領域に白濁や白班がみられるようになります。

↓

↓

○成熟白内障

成熟白内障

黒目(瞳孔)領域の全域が白濁します。視覚障害が顕著になり、
「動きが慎重になる」・「障害物にぶつかる」・「はいつくばる」などの行動がみられます。

白内障を放置すると…

犬の眼球断面図

白内障を放置すると、白く濁った水晶体内容が目の中へ漏れ出し、虹彩(こうさい)や毛様体(もうようたい)などのブドウ膜に炎症(ブドウ膜炎)を起こします。

さらにブドウ膜炎が起こると、緑内障を続発することがあります。
ひどい場合には、治療ができなくなることもあります。

白内障の治療

白内障が初期のうちに発見できれば、抗白内障薬を点眼し続けることで、病気の進行を遅らせることができます。

また、白内障が進行し視覚障害が現われた場合は、手術により濁った水晶体を除去し(白内障手術)、人工水晶体の挿入(眼内レンズ挿入術)が行なわれます。

動物病院で早めの検査を

白内障は年をとった犬だけの病気ではなく、特定の犬種では若年に発症することのある病気です。
早期発見が重要ですが、一般の方での発見は難しく、“愛犬の目に異常がみられる”と気づく頃には症状がかなり進行しています。
動物病院で早めの検査を心がけましょう。

〔監修〕工藤動物病院 工藤 莊六 先生

白内障の検査方法

1.目の奥を見るために、薬を使って、瞳孔(黒目)を開きます。

2.眼内観察用光源※による検査を行ないます。

3.白濁の有無を確認します。

検査には約30分を要します。

※眼を照らして見る装置・器具(ペンライト・スリットランプ)